県境の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>県境>県境の1ページ目

県境とは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
県境(けんきょう、けんざかい)とは、と県の境界である。
日本においては県のみならず、都道府県相互の境界(都道府県境)全てを指すこともある。
また世界の一部の国の行政区画で、「県」と日本語訳される、日本の都道府県と類似する地域同士の境界についても「県境」とされる。
都県の極一部が隣県に囲まれていたり、河川の流路変更で対岸に取り残されたりなどの理由で、陸上で接続していない飛び地もある。
飛び地については飛地を参照
目次

 1 県境がある場所
 2 三県境
 2.1 著名な三県境
 2.2 三県境の一覧
 3 境界未定地域
 3.1 解消された境界未定地域
 4 脚注
 5 関連項目
 6 外部リンク
県境がある場所

県境は山地尾根、河川、、灘、海峡といった令制国以来の自然地形で隔てられている場合が多い。
中には市街地や集落、田畑の中に県境が引かれていて、標識がなければ都府県境と分からない地域もあり、2つの県に跨る施設も存在する。
狭い水路で県境が分けられていたり、瀬戸内海井島大槌島のように小さなが県境で二分されていたりする場合もある。
こうした不思議・不自然に思える県境を紹介した本が出版されたり、後述の埼玉・群馬・栃木三県境のように観光客誘致に活用されたりしている。福井県あわら市石川県加賀市は2015年、吉崎集落にある県境に跨って「越前加賀県境の館」を整備した。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/27)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「県境」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio