皇后杯全日本女子サッカー選手権大会の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>皇后杯全日本女子サッカー選手権大会>皇后杯全日本女子サッカー選手権大会の1ページ目

皇后杯全日本女子サッカー選手権大会とは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
皇后杯 JFA 全日本女子サッカー選手権大会(こうごうはいジェイエフエイぜんにほんじょしサッカーせんしゅけんたいかい、The Empress's Cup)は、日本女子サッカーカップ戦である。
かつては全日本女子サッカー選手権大会が正式名称であったが、第34回大会(2012年)より皇后杯が下賜されたことに伴って大会名が変更され、さらに2017年11月1日に日本サッカー協会 (JFA) が発表した「JFAブランディング」の一環としてJFA主催の2018年以降全ての大会名称に "JFA" の文字を加えること[1] となったことから、現在の大会名となっている。
目次
概要

JFAに登録した中学生以上の女子選手により編成された、クラブチーム、大学、高校などの加盟チーム[2] が参加し、国内で最も権威のある単独チームの大会として実施される[3]
ノックアウト方式により優勝をめざすもので(3位決定戦は行われない)、男子の天皇杯 JFA 全日本サッカー選手権大会に相当する。
歴史

第1回大会および第2回大会は当時の女子サッカーの普及レベルから試合に出場するメンバーが揃いにくい事情等もあり8人制で行われ、試合時間は25分ハーフ、使用するボールは4号ボール、ゴールはジュニアゴールを使用し、ピッチの広さは54m×76mで開催された。
第3回大会からは11人制が導入され、第4回大会には試合時間が30分ハーフとなった。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/35)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「皇后杯全日本女子サッカー選手権大会」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio