発酵の解説頁です。 Weblio辞書辞典>生物>微生物用語>発酵>発酵の1ページ目
「発酵」とは
辞書を選択できます:

発酵とは?



微生物用語
発酵は一般にはおもにアルコール飲料味噌醤油味醂(みりん)、乳製品などの食品酢酸酪酸乳酸などの薬品製造利用されているのでよく知られているが、その基本的原理L.パスツール(フランス)によって明らかにされた。生化学的には酸素がない条件(嫌気条件)下で、微生物あるいは動物筋肉などで行われるエネルギーを得る手段で、グルコースなどの糖類分解して、最終的には炭酸ガスアルコールをはじめ種々の有機化合物(ケトン有機酸など)を生成する過程を発酵とよんでいる。
その過程で得られるエネルギーATP(アデノシン・三リン酸)へ蓄積する。
したがって、発酵の過程生化学では解糖(glycolysis)とよばれ、呼吸作用光合成作用と並んで、特定の生物にとってはその生命維持するための最も基本的で重要な過程であるといえる
注目の情報

ページ(1/16)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「発酵」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio