略称の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>略称>略称の1ページ目

略称とは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
略語(りゃくご)とは、あるの一部を何らかの方法で省略または簡略した形で、なお元の意味を保っているもの[1]
広義では、頭字語をも指す。
類似する概念に、省略語(しょうりゃくご)、短縮語(たんしゅくご)がある。地名人名団体名その他の固有名詞の正式名称について略したものは、略称(りゃくしょう)という[2]
略語が作られる主な理由は、発話や筆記、あるいは機械を使った音声や文字の入力、そして通信および印刷などを行う際に、語形の長さからくる煩わしさを回避するためである。
他に、仲間以外に知られないようにするために作られる隠語的な略語もある。[2]
目次

 1 略語の形態
 1.1 日本語
 1.2 アルファベットを使用する言語
 1.3 中国語
 2 脚注・出典
 3 参考文献
 4 関連項目
 5 外部リンク
略語の形態
日本語

日本語の略語:
 和語漢語の略語[3]
 形態素の音声を忠実に取り入れたもの(例:国際連合→国連、公正取引委員会→公取委)
 形態素の音声面をぼかす暗号的なもの(例:警察→サツ、渋谷→ブヤ)
 形態素の音声面を捨てて、文字に基づくもの(例:東京横浜京浜外国為替→外為)
 形態素から最も遠い、欧文の略語法に倣ったもの(例:日本放送協会→Nippon Hoso Kyokai→NHK)
 外来語ないし和製英語の略語[4]

楽に探せる!楽ワード

ページ(1/7)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「略称」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio