町丁の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>町丁>町丁の1ページ目

町丁とは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
町丁(ちょうちょう)とは日本市区町村下における区画であり、国勢調査などの人口統計等の分野で用いられる学術用語
法令上の正式な名称としてはであり、地方自治法では字と合わせた「町又は字」の区域・名称についての新設・変更・廃止の手続が規定されている[† 1]住居表示実施地区においては街区符号、未実施地区においては地番よりも上に位置づけられる単位である。
成立の経緯から市街地を中心に設けられており、農村部における字(あざ:大字小字)に対応するが、「町」と「字」は排他的なものではなく混在する場合もある。
目次

 1 由来
 1.1 町の語義の変遷
 1.1.1 条坊制と町
 1.1.2 市街地という意味への転化
 1.2 町と丁
 2 近世の町割り
 3 近代における町
 4 脚注
 4.1 付記
 4.2 出典
 5 参考文献
 6 関連項目
由来
町の語義の変遷

元々「町」にも「」にも「市街」という意味はなく、日本語だけに限られる国訓である。
なぜそうなったかを説明すると以下のとおりである。
そもそも「町」の字義は「を区切る[† 2]」「田の一区画」である。
これが日本語に入るに及び、土地などの一部分という意味の「マチ」が訓として当てられた[† 3]
十巻本『和名抄』にも「町蒼頡篇云町〈他丁反 和名末地〉田地也」とある。
これが宮殿ないし邸宅内の一区画を指すようになり、都城条坊制の区画として「町(まち)」が用いられ「」とも字が充てられた[† 4]
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/7)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「町丁」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio