甘辛しゃんの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>甘辛しゃん>甘辛しゃんの1ページ目

甘辛しゃんとは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
甘辛しゃん』(あまからしゃん)は、1997年平成9年)10月6日から1998年 (平成10年)4月4日まで放送されたNHK連続テレビ小説の第57作。
目次

 1 概要
 2 スタッフ
 3 あらすじ
 4 キャスト
 4.1 榊家とその縁戚
 4.2 榊酒造の職人
 4.3 その他の人々
 5 総集編
 6 脚注
 7 関連項目
 8 外部リンク
概要

神戸市灘五郷)の「榊酒蔵」を舞台に、女性酒職人を目指す主人公・榊泉とその家族が描かれている。朝ドラで初めて本格的に阪神・淡路大震災を扱った[1]
後に緒形裕美が漫画化した(現在は絶版)。
ストーリーのプロットが漫画「夏子の酒」と似ているほか(実際、作者の尾瀬あきらが資料提供などで本作に協力した)、義理の姉弟の禁断の恋が話の中核を占めるなど、NHKのドラマ(特に朝ドラ)では異色の作品である。
また、登場人物の結婚などにより、終盤では主要人物の大半の苗字が「榊」姓となった。
タイトルは灘の最高のをたたえる言葉として使われる“しゃんとあがった秋晴れの味”という表現から。
ヒロインオーディションには1863人が応募した[2]
1997年 - 1998年の平均視聴率は26.6%、最高視聴率は30.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)[3]
全150回。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/11)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「甘辛しゃん」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio