火の神の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>火の神>火の神の1ページ目

火の神とは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
火炎崇拝(かえんすうはい)とは、神格化して崇拝の対象(火神)とすること、あるいは火を神聖視し、または象徴と見て宗教儀式に用いることなどをいう。
目次
起源

これらは世界のいろいろな宗教に広く見られ、次のような火の属性に基づくものと見られる。火を神格化した火神は、主神とされた例は多くないが、太陽神火山の神と同一視された例は多い。
またローマのウェスタや日本の竈神荒神三宝荒神と習合された)のような家庭の守り神、あるいは鍛冶神などと見られた例も多い。沖縄ではヒヌカン(火の神)といって、家の守護神として人々には身近な神である。
アーリア人の拝火

「火炎崇拝」あるいは「拝火」という言葉はまずゾロアスター教(通称・拝火教)と結び付けて考えられるが、ゾロアスター教は火自体を崇拝したわけではない。
ゾロアスター教における火とは、清浄・正義・真理の象徴であると考えられている。
火を神聖視するこの信仰はゾロアスター教以前に遡る。
ヴェーダ宗教では火神アグニが人間と神々を仲介し、火により人間の供物と祈りが天上にもたらされると考えられた。
注目の情報

ページ(1/2)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「火の神」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio