灘蓮照の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>灘蓮照>灘蓮照の1ページ目

灘蓮照とは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目に含まれる文字「」は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

灘 蓮照(なだ れんしょう、1927年3月16日 - 1984年4月26日)は、将棋棋士
プロデビュー当初(改名する前)の氏名は、灘照一棋戦優勝6回を数える強豪。
棋士番号44。神田辰之助九段門下。徳島県日和佐町出身。
目次

 1 人物
 2 昇段履歴
 3 主な成績
 3.1 棋戦優勝
 3.2 タイトル戦登場
 4 著書
 5 脚注
 6 関連項目
 7 外部リンク
人物

 関西本部所属。
 1957年ごろは和歌山に在住だった[1]
 のち、京都伏見に住む[2]
京都伏見で将棋道場を開いており、段級が厳しいことで有名だった[3]
 豪胆な棋風と独特の戦法を用い、また日蓮宗の僧侶として得度していたことなどから(これに関連し蓮照と改名している)、「荒法師」の異名を取る。
 現代の矢倉の主流戦法である矢倉3七銀戦法は、森下卓によれば、昭和40年代に灘蓮照が編み出した「灘流矢倉」を源流とするという(森下『初段に勝つ矢倉戦法』創元社、2003年など)。
 対振り飛車では、玉頭位取りを得意とした[4]
 早指し将棋を得意とした[5]
NHK杯で1955年度の第5回から3年連続準優勝、そして1958年度の第8回で優勝した。
参加棋士数が少なかったとはいえ、4年連続決勝進出は、2011年度に羽生善治が4連覇で並ぶまで長くNHK杯史上唯一の快記録であった。
注目の情報

ページ(1/11)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「灘蓮照」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio