法解釈の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>法解釈>法解釈の1ページ目

法解釈とは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
法解釈ほうかいしゃくとは、各種の法源について、その内容を確定することをいう[1]
法源とは、法解釈の対象となる、の存在する形式のことをいう[2]
目次

 1 概要
 2 法解釈の対象
 2.1 慣習法
 2.1.1 悪法は法か
 2.1.2 慣習法解釈の問題点
 2.1.3 刑法及び行政法における慣習法
 2.1.4 民事法及び手続法における慣習法
 2.1.5 国際法における慣習法
 2.2 判例法
 2.2.1 判例法解釈の問題点
 2.2.2 刑法及び行政法における判例法
 2.2.3 民事法及び手続法における判例法
 2.2.4 国際法における判例法
 2.3 条理
 2.4 学説
 2.5 成文法
 2.5.1 一般法と特別法
 2.5.2 上位法と下位法
 2.5.3 前法と後法
 2.5.4 強行法規と任意法規
 2.5.5 条約の解釈
 3 法解釈の主体
 4 法解釈の手法
 4.1 立法的解釈
 4.1.1 立法的解釈の問題点
 4.1.1.1 立法的解釈の限界
 4.1.1.2 立法的解釈か学理解釈か
 4.2 学理的解釈
 4.2.1 学理的解釈の問題点
 4.2.2 文理解釈
 4.2.2.1 文理解釈の問題点
 4.2.3 論理解釈
 4.2.3.1 反対解釈・類推解釈
 4.2.3.2 拡張解釈・縮小解釈
 4.2.3.3 変更解釈
 4.2.3.4 論理解釈の問題点
 4.2.3.5 論理解釈の典型例
 4.2.3.6 論理解釈における沿革及び比較法の考慮
 4.2.3.7 立法者意思説と法律意思説
 5 概念法学と自由法論

楽に探せる!楽ワード

ページ(1/67)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「法解釈」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio