江戸言葉の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>江戸言葉>江戸言葉の6ページ目

江戸言葉とは?




gn:center; background-color:#aaaaaa;">脚注^ 「べらんめえ」は穀潰しの意の「べら棒め!」の転訛とされる。^ 山口幸洋(2003)『日本語東京アクセントの成立』港の人^ 一般に、「別々の音であることを頭では理解しているが、体感としては音素を識別できていない」といった状況に起こりやすい。
例えば、中学時代から英語学習を始めた日本人が努力してそれなりに上達し、通常は lr を発音し分けられるものの、母語話者のような自然なl と r の使い分けができずに、 clarify という語を会話の中でつい cralify のように発音してしまう、などの例を想定するとわかりやすい。^ 理由として、少なくとも現代の話者については、共通語からの影響が大きいであろう。^ 正確には「チ、チャ、チュ、チョ」と「キ、キャ、キュ、キョ」の混同。^ 正確には「ジ、ジャ、ジュ、ジョ」と「ギ、ギャ、ギュ、ギョ」の混同。
参考文献

 大野敏明著『知って合点江戸ことば』文藝春秋〈文春新書〉。⇒『ISBN 4166601458
 林えり子著『生きている江戸ことば』集英社〈集英社新書〉。⇒『ISBN 4087200450
 前田勇編『江戸語の辞典』講談社講談社学術文庫〉。⇒『ISBN 4061584227
 松村明著『江戸ことば・東京ことば辞典』〈講談社学術文庫〉。⇒『ISBN 4061590847
 秋永一枝「東京弁アクセントの変容」笠間書院。
⇒『ISBN 4305701960
関連項目

 朱引

 ⇒『

楽に探せる!楽ワード

ページ(6/13)
≪前ページ | 次ページ





ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典