水死の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>物語事典>水死>水死の2ページ目

水死とは?




今古奇観32話「金玉奴棒打薄情郎」 貧乏書生稽は、大金持ち乞食親方の娘・玉奴(ぎょくど)と結婚し、親方財力おかげで出世する。
そうなると稽は、玉奴が乞食の娘であることを恥じ、船から川中突き落とす
玉奴は、の上司である許公に救われ、事情を知った許公は、稽に「我が娘の婿になれ」と言って招く。稽は「上役娘婿になれる」と喜び花嫁対面すると、玉奴だったので驚愕する。
玉奴は稽を「薄情者」とののしるが、怒り収めあらため結婚して、以後仲むつまじく暮らした。
英草紙第2篇「馬場求馬妻を沈めて樋口が婿と成る話」 貧乏浪人馬場求馬は、大金持ち乞食頭の娘お幸結婚する。
しかし仕官が決まると、求馬はお幸身分を恥じ、船から湖中突き落とす
やがて求馬は家老樋口に目をかけられ、「娘の婿に」と望まれる。婚礼の日、花嫁対面すると、お幸だったので求馬は驚く。
注目の情報

ページ(2/6)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「水死」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「水死」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio