水死の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>物語事典>水死>水死の1ページ目
「水死」とは
辞書を選択できます:

水死とは?



物語事典
関連項目→〔入水
★1.男が愛人を水死させる。
陽のあたる場所スティーヴンス貧し青年ジョージは、伯父会社社長として成功したため、その工場雇われる。
彼は女工アリス妊娠させるが、その一方で名士令嬢アンジェラ知り合い恋仲になる。ジョージアリスを邪魔に思って、湖にボート遊びに連れ出し突き落として殺そうと考える。
しかし決行できないうちにボート揺れ2人とも水中落ちる。ジョージは岸に泳ぎつき、アリスは水死する。裁判で、ジョージには殺意があったと見なされ、彼は電気椅子へ送られる。
*夫が、湖で溺れる妻を見殺しにする→〔宝〕11dの『新月』(木々高太郎)。
*夫が妻を湖で水死させようと考えるだけで、実行はしない→〔空想2aの『ロリータ』(ナボコフ)。
★2.夫が妻を水死させようとして果たさず、後にその妻と再会し、ふたたび結婚する。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/6)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「水死」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio