水の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>物語事典>>水の1ページ目
「水」とは
辞書を選択できます:

とは?



物語事典
★1a.水が多すぎて飲めない
百喩経「喉を渇かした者が水を見た喩」 愚かな男がいた。
喉が渇いたので、炎天下に水を求めて辛頭(インダス)河までやって来た。
しかし男は、河を見つめるだけで水を飲もうとしない。傍らの人が問うた。
「君は喉が渇いているのに、なぜ飲まないのか?」。愚かな男は答えた。
「こんなにたくさんの水は、とても飲めない」。

★1b.血が水に変って、大勢のかわきをいやす。
今昔物語集5-11百人商人が道を誤って深山迷いこみ、3日も水が飲めず死に瀕する同行する沙弥が「諸仏如来よ。
私の脳を水に変えて商人たちを救い給え」と祈り大岩に頭を打ちつける。流れ出る血は水に変り商人たちの命を救う。
★1c.水が血に変わって、飲めなくなる。
出エジプト記第7章 イスラエルの民は、エジプト奴隷状態におかれていた。モーセイスラエルの民をエジプトから救い出そうと、ファラオ交渉し、それが神の意志であることを示すために、ナイル川打って血に変えるエジプト人川の水が飲めなくなる。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/56)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「水」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio