歩行の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>物語事典>歩行>歩行の1ページ目
「歩行」とは
辞書を選択できます:

歩行とは?



物語事典
★1.空中歩行。
『ヂャマイカ氏の実験城昌幸晩秋の夜。終電車を待つヂャマイカ氏は、もの思いにふけってプラットフォーム行きつ戻りつするうち、いつのまに空中を歩行して線路越え向こう側フォーム到達してしまった。
「私」はそれを見て驚愕したが、ヂャマイカ氏は「空間大地思い込んでいたため、歩けたのかもしれない」と言う
「私」の熱心な勧めで、氏は自宅卓子テーブル)に上り、もう1度空中歩行を試みる。
たちまち氏は床に転落して、実験失敗に終わった。
★2.水上歩行。
宝物集(七巻本)巻4 天竺に、愚直という者がいた。恒河川(=ガンジス川)にが出て深かった時、愚直は「この川は渡れるだろうか?」と人に聞いた。
聞かれた人は愚直馬鹿にして、「は踝(くるぶし)の所までだ」と言う愚直はこの言葉を信じて渡ったところ、本当に川は踝の深さだった。
『法句譬喩経巻1「篤信品」第4・第1話 世尊大河岸辺説法するが、村人たち経法を信じない。
注目の情報

ページ(1/3)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「歩行」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio