標準生成熱の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>標準生成熱>標準生成熱の1ページ目

標準生成熱とは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2011年6月)

生成熱(せいせいねつ)とは安定な単体の生成熱をゼロ基準として、その物質を構成する単体から1 molの化合物を合成する反応の伴う反応熱の負の値(正負逆の値)である。
一般的には定圧下の生成熱として生成エンタルピー変化ΔHfで記される。
標準状態(298.15 K, 105 Pa)における生成熱を標準生成熱または標準生成エンタルピーといい、ΔfHOと記される。
注目の情報

ページ(1/3)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「標準生成熱」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio