桜田千枝子の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>桜田千枝子>桜田千枝子の1ページ目

桜田千枝子とは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
桜田 千枝子(さくらだ ちえこ、1939年3月8日 - 1994年6月18日)は、日本の女優
本名は大石 千枝子京都府京都市出身。
目次

 1 来歴・人物
 2 主な作品
 2.1 映画
 2.2 テレビドラマ
 2.3 ラジオドラマ
 2.4 舞台
 3 関連項目
 4 外部リンク
来歴・人物

光華女子大学卒業。
1958年NHK大阪特別演技研究生になり、1958年NHK上方劇場「めじるしはおしゃべり電話」でデビューする。
その後はテレビドラマでは、上流夫人から生活力旺盛の役まで幅広く演じていた。
主演作に1976年の昼メロドラマ『渚より愛をこめて』があり、その前の1973年には円谷プロダクション制作の特撮作品であるジャンボーグAでレギュラー出演している。
また、京都を舞台としたドラマや時代劇で方言指導を務める事が多かった。
1994年(平成6年)6月18日、死去。
55歳没。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/5)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「桜田千枝子」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio