旧伊達郡役所の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>旧伊達郡役所>旧伊達郡役所の1ページ目

旧伊達郡役所とは?



ウィキペディア目次へ
ウィキペディア
旧伊達郡役所(きゅうだてぐんやくしょ)は、福島県伊達郡桑折町に残る明治時代初期の洋風庁舎である。

目次


ウィキペディア目次へ
沿革

伊達郡の郡役所は1879年に保原町に設置されたが、桑折町の有志が誘致運動を行ったことにより1883年(明治16年)4月に桑折町に移された[3]
その際に新築された庁舎が、現在も残る旧伊達郡役所の建物である[1]
廃止になるまでの約43年間、郡行政の中心的役割を果たし、廃止後も県の出先機関として利用されていたが、1974年3月にその役目を終えた[1]
1977年6月27日に、国の重要文化財に指定される[3]
塔屋は振動のため1887年に撤去されていたが、1979年の工事で当初の形に復元された[3]
東日本大震災で被害を受けたが、耐震補強を含めた修復工事を行い[1]2014年4月1日に再オープンした[3]
震災前は、年間4000人の観光客が訪れる町のシンボルとなっていた[1]

ウィキペディア目次へ
建築概要

地元大工の山内幸之助・銀作の手による[1]擬洋風建築である[3][2]
注目の情報

ページ(1/4)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「旧伊達郡役所」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio