日刊県民福井の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>日刊県民福井>日刊県民福井の1ページ目

日刊県民福井とは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
日刊県民福井(にっかんけんみんふくい)は、福井県を発行地域とする日本地方紙である。
北陸中日新聞』の発行元である中日新聞北陸本社石川県金沢市)で紙面を製作し、中日新聞福井支社が発行元となっている。朝刊専売。
販売部数(日本ABC協会調べ、2018年1月から6月の1か月平均)は3万1688部[2][3]
地元での通称は「日刊」だが、中日新聞グループでの通称は「県民(けんみん)」である。

目次


 1 概説
 2 沿革
 3 紙面構成
 4 番組表
 4.1 最終面
 4.2 中面
 4.3 その他
 4.4 週間テレビガイド
 5 支社・通信部
 5.1 現在
 5.2 過去
 6 脚注
 7 関連放送事業者
 8 関連項目
 9 外部リンク
概説

1977年7月1日、同社の実質的前身である株式会社日刊福井が、地元発祥の大手ゼネコン熊谷組の支援を受け、「日刊福井」(以下「日刊」)として創刊した。
日本の新聞で初めて全ページに電算写植方式を採用。
この創刊の時点では、日刊と中日とは何のつながりもなかった。
しかし、日刊は実質オーナーだった熊谷太三郎の影響力が縮小した後、県紙福井新聞などとの熾烈な競争から、慢性的な赤字経営に陥った。
その状況下の1992年中日新聞社が日刊の支援に乗り出した。
日刊は中日に経営権を譲渡し、一旦、中日北陸本社(石川県金沢市・北陸中日新聞〈以下「北中」〉発行元)に発行元を移した。
1993年には北中・福井版と紙面を統合。
そしてさらにあくる年の1994年、中日は日刊の発行元を福井に戻し、同年6月15日より題号を今の「日刊県民福井」(以下「県民」)に変更した。
中日は福井支局を支社に昇格させている。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/23)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「日刊県民福井」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio