新喜楽の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>新喜楽>新喜楽の1ページ目

新喜楽とは?



ウィキペディア
Jump to navigation Jump to search
新喜楽(しんきらく)は、東京都中央区築地4丁目に所在する料亭[注 1]
「日本三大料亭」および「日本二大料理屋」の一つに数えられている[6][7][8][注 2]
目次

 1 歴史
 2 特徴
 2.1 著名人の利用実例
 3 芥川賞・直木賞両選考会の会場として
 4 交通アクセス
 5 周辺スポット
 6 脚注
 6.1 注釈
 6.2 出典
 7 関連項目
歴史

1875年(明治8年)、伊藤きんが日本橋茅場町に「喜楽」の屋号で創業[8]
その後、1898年(明治31年)に、当時大隈重信邸跡地だった現在地に店舗を移転、屋号を「新喜楽」に改める[10]
1917年(大正6年)、伊藤から女将の座を譲受した木村さくが2代目女将となる[10][11]
その10年後の1923年(大正12年)、関東大震災に見舞われ建物を焼失。
震災後に店は再建されたが、1940年(昭和15年)以降、この再建された店舗建物をベースにして建築家吉田五十八が設計・改修を重ねていき、現在の店舗の姿を形作った[10][12]
木村さくが2代目女将となって以降、現在に至るまで、木村の親族が女将、料理などの肩書きを引き継いできている[10]
特徴

店舗建物自体は銅葺き木造2階建ての新興数寄屋建築
注目の情報

ページ(1/6)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「新喜楽」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2018Weblio