攻撃機の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>攻撃機>攻撃機の1ページ目

攻撃機とは?



ウィキペディア
攻撃機(こうげきき)は、地上や洋上の目標の攻撃を主任務とする航空機である。
主要搭載兵装は空対地空対艦ミサイル、精密誘導爆弾、通常爆弾ロケット弾で、多くの攻撃機が任務や目標に応じて搭載兵装を変更できる多用途性を有している[1]
似た軍用機として爆撃機があり、より多くの爆弾類を搭載し強力な破壊力を持たせた航空機は爆撃機として分類される。
進化が進み、トーネード IDSが9トン以上、F/A-18Cは7トン以上の爆弾類を搭載でき、第二次世界大戦の爆撃機並みの搭載量だが、純粋な爆撃機も進化が進みB-52Hは27トン、B-1Bは34トン、ステルス性を優先し搭載量を若干犠牲にしたB-2Aでも22トンと、従来より飛躍的に増加している[2]
航空機のジェット化が進み、レーダー、電子技術、ミサイルなどの兵装の発達で従来の機種は整理され、特に戦闘機は空戦を専門とするタイプと大量の兵装を装備できる戦闘攻撃機タイプが主流になり、兵装の交換により対空、対地、対艦といった幅広い任務に対応するマルチロール機へと進化していった。
攻撃機はマルチロール化した戦闘機に集約されて機種が減る一方、練習機などと基本設計が兼用の軽攻撃機も広く使われる[3]
航空自衛隊では「攻撃」という表現が避けられ、支援戦闘機と呼ばれていたが[4]マルチロール機の発展で通常の戦闘機に役割を統合され消滅した。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/30)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「攻撃機」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2018Weblio