操縦席の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>操縦席>操縦席の1ページ目

操縦席とは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
操縦席(そうじゅうせき)とは、乗り物の操作をするための座席の総称。
一般的に進行方向の一番先頭に設置されている。
航空機では「コックピット」、小型船舶では「操舵席」(そうだせき)、大型船舶では「ブリッジ」、自動車では「運転席」(うんてんせき)や「キャブ」、鉄道車両では「運転席」、「運転台」(うんてんだい)、「キャブ」ともいう。
一般に操縦席には乗り物の走行状態を示す計器類が置かれ、スイッチ、レバー、ハンドル、ペダルなど操作に必要なさまざまな装置が配置されている。
また旅客機や鉄道車両では操縦士と運行の安全を確保するため、操縦席を仕切って乗客の立ち入りを禁止している。
公道での実証実験が進む自動運転車では運転席が残されているが、露天掘り鉱山や広大な工事現場での使用を前提としたホウルトラックでは運転席のない「キャブレス車」も登場している[1]
目次
航空機の操縦席
詳細は「旅客機のコックピット」および「軍用機のコックピット」を参照
鉄道車両の運転席・運転台

楽に探せる!楽ワード

ページ(1/9)
次ページ





ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典