排気量の解説頁です。 Weblio辞書辞典>工学>バイク用語>排気量>排気量の1ページ目
「排気量」とは
辞書を選択できます:

排気量とは?



バイク用語(⇒『ヤマハ発動機』)
総排気量ともいわれ、エンジン一度に吸い込め混合気体積のこと。
吸い込める量が多ければ多いほど爆発強くなり、大きな力が生まれる。
たとえば、注射器イメージするとわかりやすい大き注射器であればたくさん吸い込め小さければその逆になる。
しかし、たとえ小さ注射器でも本数を増やせば、すべての総量増やすことができるのだ。
400cc、750ccなどといわれるのが、この排気量。単位ペットボトルでもおなじみの「cc」(またはml)なので、だいたいの大きさ把握できるだろう。
ただ注意したいのは、多気筒の場合
たとえば400ccで4気筒なら、1気筒あたり100ccの大きさということ
1気筒あたりの排気量は大きい方が力を出しやすいがその分、部品大きく(重く)なって各部負担増える小さい方が負担少なく壊れにくい傾向にあるため。
注目の情報

ページ(1/9)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「排気量」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio