恩物の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>恩物>恩物の1ページ目

恩物とは?



ウィキペディア目次へ
ウィキペディア
恩物(おんぶつ、英語: Froebel Gifts、ドイツ語: Fröbelgaben)はフリードリッヒ・フレーベルが考案した一連の教材である。
これはドイツのバット・ブランケンブルク(⇒『Bad Blankenburg』)にフレーベルが設立した幼稚園(⇒『Kindergarten』、キンダーガルテン)で初めて用いられた。

目次


1 概要
2 恩物としての球
3 評価
4 現代の教育における利用
5 関連項目
6 脚注
7 参考文献
8 外部リンク

ウィキペディア目次へ
概要

フレーベルはヨハン・ハインリッヒ・ペスタロッチが唱えた直観教育に傾倒し、教育の理想の根源を「生命の統一」であるとした。[1]そのため、幼年期に自由に遊ぶことを通して人間の本質のみならず、事物の本質を体得すること[1]の大切さを主張した。
このため、個々の贈り物ドイツ語: Gabe)[2]は、子ども自身が率先して活動できるような材料を子どもたちに提供するようデザインされている。
この恩物は、1838年に創案された[1]
フレーベルが考案した恩物は第1恩物から第20恩物まで20種類あるが、日本では一般的に、第1恩物から第10恩物までを「恩物」、第11恩物から第20恩物までを「手技工作」と呼んで区別している。[3][4]具体的には以下のようなもので構成される[3][4]
注目の情報

ページ(1/5)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「恩物」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2018Weblio