恒星系の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>恒星系>恒星系の1ページ目

恒星系とは?



ウィキペディア
恒星系(こうせいけい、star system, stellar system)とは、少数の恒星重力で結びついてお互いの周りを公転している星系である[1]
多数の恒星が重力で結びついているものは、星団銀河と呼ばれるが、これらも広義の恒星系である。
恒星系という言葉は、惑星系を持った1つの恒星について使われることもある[2][3]
目次

 1 連星系
 2 多重星系
 2.1 力学
 2.2 観測
 3 例
 3.1 連星系
 3.2 三重星系
 3.3 四重星系
 3.4 五重星系
 3.5 六重星系
 3.6 七重星系
 4 太陽系型の恒星系
 5 関連項目
 6 出典
 7 外部リンク
連星系
詳細は「連星」を参照
2つの恒星からなる恒星系は、連星系と呼ばれる。潮汐効果や摂動、質量転移がなければ安定であり、2つの恒星は共通重心の周りを楕円軌道を描いていつまでも公転する。
二体問題を参照)
連星系の例としては、シリウスプロキオン、そして恒星とおそらくブラックホールから構成されるはくちょう座X-1等が挙げられる。
多重星系

多重星系は、3つ以上の恒星からなる恒星系である[4][5]
3つの恒星からなるものを三重星系、4つの恒星からなるものを四重星系、5つの恒星からなるものを五重星系等と言う。
このような系は、おおよそ100個から1000個の恒星からなる散開星団よりも小さい[6]
力学

理論的には、多体問題カオスになるため、多重星系をモデル化することは連星系よりも難しい。
複数の恒星の多くの配置は不安定で、最終的には1つの恒星が他の恒星に近づきすぎ、系から弾き出される[7]
注目の情報

ページ(1/5)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「恒星系」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio