徳川光貞の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>徳川光貞>徳川光貞の1ページ目

徳川光貞とは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
徳川 光貞(とくがわ みつさだ)は、紀州藩の第2代藩主。
初代藩主・徳川頼宣の長男で、徳川家康の孫。
正室は伏見宮貞清親王の娘・安宮照子女王江戸幕府第8代将軍徳川吉宗の実父である。
3代将軍徳川家光や、他の徳川御三家の第2代当主(尾張藩徳川光友水戸藩徳川光圀)と従兄弟の関係にある。

目次


 1 生涯
 2 官歴
 3 演じた俳優
 4 脚注
生涯

※日付=旧暦
寛永3年(1626年)12月11日、紀伊国和歌山城(現和歌山県和歌山市)に生まれる。幼名は長福丸。元服後、従兄にあたる3代将軍徳川家光から偏諱を受け、光貞と改名する。
寛文7年(1667年)に父・頼宣から家督を継ぎ、元禄11年(1698年)まで31年間にわたり紀州藩の藩政を行う。
法令27箇条を制定するなどの善政により、領民から慕われた。
嫡男である綱教に5代将軍・徳川綱吉の長女鶴姫が嫁いだことにより、綱吉を屋敷へ招くなど将軍家と縁を深めるが、宝永元年(1704年)に鶴姫は死去した。
宝永2年(1705年)には綱教が死去し、自身も綱教の後を追うように薨去した。
享年79(満78歳没)。
紀伊徳川家の菩提寺である、長保寺(和歌山県海南市下津町)に葬られる。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/7)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「徳川光貞」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio