御料局の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>御料局>御料局の1ページ目

御料局とは?



ウィキペディア
帝室林野局(ていしつりんやきょく)は、明治から昭和戦前期にかけて存在していた宮内省外局である。宮内大臣の管轄下、皇室財産である御料林の管理経営をおこなった。1885年発足の御料局(ごりょうきょく)を前身とする。1908年帝室林野管理局(ていしつりんやかんりきょく)として設置され、1924年に改称した。第二次世界大戦後の1947年に廃止された。
目次

 1 沿革
 1.1 御料局時代
 1.2 帝室林野管理局時代
 1.3 帝室林野局時代
 1.4 戦後の編入
 2 歴代長官
 3 参考文献
沿革
御料局時代

帝室林野局の前身は、1885年12月23日に設置された宮内省御料局(ごりょうきょく)である。
同局は皇室財産を確保し維持発展させることを意図し、官有であった山林・原野を御料林へと転換して管理経営をすることを目的に設置された。
実際の御料林編入が本格的に行われたのは大日本帝国憲法公布及び帝国議会開設を目前に控えた1888年から1890年頃であったが、当初は境界の査定や測量など御料林の画定事業に追われ、実際的な経営が行われるようになったのは1897年頃になってからであった。
帝室林野管理局時代

1908年1月1日、前年に制定された宮内省官制の施行に伴い、御料局は独立した官制を持つ外部部局として再発足し、名称も帝室林野管理局となった。
当初は本局に9課(ただし、常置は7課)、地方に7支庁・47出張所が設置された。1914年には支庁制を廃して札幌・東京・名古屋・木曾(福島町)の4支局と京都事務所に再編してそれまで各支局に属していた56出張所を再配分した。1921年に東京支局・京都事務所を廃止して管轄12出張所を本局直轄とし、東京に林業試験場を設置した。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/4)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「御料局」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio