彗星の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>物語事典>彗星>彗星の1ページ目
「彗星」とは
辞書を選択できます:

彗星とは?



物語事典
関連項目→〔星〕
★1.彗星が女性の姿で地上降下する。
子不語巻7-179 孛星(はいせい=彗星)は女身で、性質淫蕩である。雨乞いをする道士が、孛星が田に降りる日を待つ。その日、田にいる白衣の女に、童子3つの符を投げつけると、女は裙(スカート)を捨て上衣を脱ぎ、全裸になって狂奔した。道士の「よ降れ!」の一喝で女は仰臥し、陰部から雲気がたちのぼって、5日間、が降った〔*符を用いて某家の嫁を孛星の身代わりとし、裸にしてを降らせた、との解釈もある〕。
*星の化身の女が地上水浴する→〔星〕5bの『捜神記』巻4-2通巻72話)。
女性裸身を呼ぶ→〔雨乞い〕2の『夜叉ケ池』(泉鏡花)。
★2.彗星が地球衝突する。
ディープ・インパクトレダー巨大な彗星が地球接近し、このままでは衝突する。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/76)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「彗星」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio