引火点の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>引火点>引火点の1ページ目

引火点とは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2015年10月)

引火点(いんかてん、: flash point)とは、物質が揮発して空気と可燃性混合物を作ることができる最低温度である。
この温度で燃焼が始まるためには点火源(裸火、火花など)が必要である。
また引火点ぎりぎりでは、いったん引火しても点火源がなくなれば火は消えてしまう。
燃焼が継続するためにはさらに数度高い温度が必要で、これを燃焼点という。
さらに高温になると点火源が無くとも自発的に燃焼が始まり、この温度を発火点という。
引火点は、火災予防の見地から、燃料やその他の液体の危険性を表現するために用いられる。
例えばアメリカ合衆国では引火点が華氏100度(摂氏37.8度)以下の液体を引火性(flammable)、それ以上の液体を可燃性(combustible)と区分する。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/4)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「引火点」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio