年周視差の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>年周視差>年周視差の1ページ目

年周視差とは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動 ⇒『
近い恒星は遠い恒星に対して地球の位置が変わると位置が変わって見える
年周視差(ねんしゅうしさ)とは、地球公転運動による視差のために天体天球上の位置が公転周期と同じ周期で変化して見える現象のことである。
概要

年周視差による天体の見かけ上の運動は天球上の天体の黄緯によって異なる。
黄緯±90度(黄道極)付近においては円運動をするように見える。
黄緯が小さくなるにつれて黄緯方向を長軸とする楕円運動になり、黄緯0度(黄道上)では直線上を往復する運動となる。
年周視差の大きさは楕円運動の長軸の長さの半分の角距離で表す。
年周視差の大きさは地球からの天体の距離に反比例して小さくなる。
そのため年周視差が測定できれば、地球からその天体までの距離を知ることができる。
注目の情報

ページ(1/3)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「年周視差」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio