帆足計の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>帆足計>帆足計の1ページ目

帆足計とは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
帆足 計(ほあし けい、1905年9月27日 - 1989年2月3日)は、大分県出身の官僚財界人政治家
目次
略歴

大分県日田市で生まれる[1]旧制第六高等学校東京帝国大学経済学部卒。
在学中は新人会学生運動に身を投じた。
朝日新聞社出身のソ連スパイ尾崎秀実風見章勝間田清一、穂積七郎らと共に近衛文麿の最高政治幕僚組織「昭和研究会」に所属した[2]商工省革新官僚であり、第二次世界大戦中には重要産業統制協議会事務局長として統制経済を推進[3]し、日本国の国民経済を自由主義的市場経済から全体主義的計画経済へ移行させる経済新体制の確立を画策した[4]
昭和研究会には帆足ら革新官僚と尾崎ら転向左翼ら所謂「国体の衣を着けたる共産主義者」(近衛上奏文)が結集しており、彼らはマルクス主義に依拠して戦争を利用する上からの国内革新政策の理論的裏付けを行い、国家総動員法の発動を推進し、近衛新体制生みの親として大政翼賛会創設の推進力となった[5]
注目の情報

ページ(1/8)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「帆足計」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio