帆足正音の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>帆足正音>帆足正音の1ページ目

帆足正音とは?



ウィキペディア
帆足 正音(ほあし まさと、1919年大正8年)1月8日 - 1942年昭和17年)3月15日)は、日本の海軍軍人
最終階級は海軍予備中尉マレー沖海戦においてイギリス艦隊を発見した偵察機の機長である。
目次
略歴

大分県玖珠郡森町出身。
父は浄土真宗・光林寺の住職である。龍谷大学専門部に入学し、1938年(昭和13年)1月から、1940年(昭和15年)3月まで海軍予備航空団で飛行訓練を受ける。
大学を卒業し僧侶の資格を得た後、海軍航空予備学生となり霞ヶ浦海軍航空隊へ入隊。1941年(昭和16年)4月、訓練終了と共に予備少尉に任官した。
同日充員召集を受け、木更津海軍航空隊附となる。
9月には元山海軍航空隊に転じ、太平洋戦争の開戦を迎えた。マレー沖海戦において、英国艦隊を発見し攻撃隊を誘導、戦果確認を行った。
翌年3月、台湾へ向かう途中消息を絶ち戦死認定を受けた。
マレー沖海戦

元山空は第22航空戦隊に属し、サイゴンを基地として南方作戦に従事していたが、英国東洋艦隊所属の戦艦・プリンス・オブ・ウェールズレパルスの出撃を迎え、陸攻部隊による攻撃を企図した。
注目の情報

ページ(1/2)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「帆足正音」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio