市町村章の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>市町村章>市町村章の1ページ目

市町村章とは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
市町村章(しちょうそんしょう、⇒『Coat of arms』)は、自治体市町村)を象徴する紋章のこと。

目次


 1 概説
 1.1 作成の動機
 1.2 発生地域
 2 歴史
 2.1 古代
 2.1.1 平安時代以前
 2.1.2 平安時代以降
 2.2 近世
 2.3 近代
 2.4 現代
 3 市町村章のデザイン
 3.1 目的
 3.2 由来
 3.3 デザインの一例
 3.4 作成者
 3.4.1 特定の人物・学校に依頼
 3.4.2 公募で依頼
 3.5 色彩・図形の変化
 4 市町村章の一覧
 5 市町村章による問題行為
 5.1 豊岡市における問題行為
 5.2 他の問題行為
 6 脚注
 7 参考文献
 7.1 書籍
 7.2 都道府県書籍
 7.3 自治体冊子
 7.4 自治体広報
 8 関連項目
 9 外部リンク
概説

一般に市町村旗よりもデザインが複雑なため、その市町村の風土、歴史、文化などが象徴的に表現され、発展と町づくりの向上の為に作成されており、群馬県前橋市章・愛媛県大洲市章のように単純な図案があれば北海道札幌市にように複雑な図案がある。
その市町村を理解する上で市町村旗よりも多くの情報を読み取ることが出来る。市町村名やその市町村の特徴などを抽象化したデザインがある。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/43)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「市町村章」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio