巴郡の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>巴郡>巴郡の1ページ目

巴郡とは?



ウィキペディア
巴郡(は-ぐん)は、中国にかつて存在した秦代から隋代にかけて、現在の重慶市四川省東部にまたがる地域に設置された。
概要

秦が巴国を滅ぼし、巴郡を置いた。
前漢のとき、巴郡は益州に属し、江州臨江閬中墊江朐忍安漢宕渠魚復充国涪陵の11県を管轄した。
前漢末に15万8643戸、70万8148人があった[1]
後漢のとき、巴郡は江州・宕渠・朐忍・閬中・魚復・臨江・枳・涪陵・墊江・安漢・平都・充国・宣漢漢昌の14県を管轄した[2]190年初平元年)、益州牧の劉璋が趙穎の建議を受けて巴郡を分割した。
江州から臨江までの県が永寧郡となり、朐忍から魚復までの県が固陵郡となり、墊江以上の県が巴郡となり、巴郡は安漢に郡治を移した。201年建安6年)、劉璋が永寧郡を巴郡とし、固陵郡を巴東郡とし、もとの巴郡を巴西郡とした[3]
ただしこの後漢末の三巴成立の経緯は、譙周『巴記』を引く正史の諸書に異説がみられる。
のとき、巴郡は梁州に属し、江州・墊江・臨江・枳の4県を管轄した[4]
南朝宋のとき、巴郡は江州・臨江・墊江・枳の4県を管轄した[5]
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/21)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「巴郡」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio