岩手県民の歌の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>岩手県民の歌>岩手県民の歌の1ページ目

岩手県民の歌とは?



ウィキペディア目次へ
ウィキペディア
岩手県民の歌」(いわてけんみんのうた)は、日本都道府県の一つ、岩手県が制定した県民歌である。

目次

 1 解説
 2 関連項目
 3 参考文献、脚注
 3.1 注釈
 4 外部リンク

ウィキペディア目次へ
解説

岩手県庁新庁舎落成を記念して全国より歌詞を公募し、県民の歌審査委員会による選定・補作を経て1965年昭和40年)3月30日に発表・制定された[1]
作詞者の「田原耕二」は、歴史小説家・小野寺公二の別名義である[2]
作曲は審査委員会の依頼により中田喜直が手掛け、ビクターレコード(現在のJVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)より立川澄人伊藤京子の歌唱でシングル盤が発売された。
西に奥羽山脈、東に陸中海岸を臨む美しい自然を讃えて県の力強い発展への希望を歌い上げる内容となっている[1]
現在も県の行事で演奏されており、県の公式サイトや県民手帳にも掲載されるなど全国の県民歌の中では利用頻度が高い曲に挙げられる[3]

ウィキペディア目次へ
関連項目

 岩手県旗 - 県民歌と同様に県庁舎の落成を記念してデザインを公募し、制定された。

ウィキペディア目次へ
参考文献、脚注

 国民文化協会『事典 シンボルと公式制度 日本篇』(国際図書、1968年

楽に探せる!楽ワード

ページ(1/2)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「岩手県民の歌」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio