定量分析の解説頁です。 Weblio辞書辞典>工学>走査電子顕微鏡用語>定量分析>定量分析の1ページ目
「定量分析」とは
辞書を選択できます:

定量分析とは?



走査電子顕微鏡用語
元素分析において、分析領域中の元素あるいは化合物の量を定量的に扱う分析方法重量%または原子量%で表示する。分析領域数百nm〜数µmの大きさ持っているので、測定結果はその中の平均濃度を意味することに注意が必要である。実際には、標準試料未知試料からのX線強度比較して分析を行うが、検量線を用いる方法と、相対強度に対して補正計算を行う方法がある。

関連する用語
 相対強度 定量補正 定性分析 分析領域 標準試料

(提供元:JEOL)

ページTOP▲

ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
定量分析(ていりょうぶんせき、quantitative analysis)とは、試料中にある成分量を決定するために実施する化学分析である。
試料中の成分が未知である場合は、定量分析に先立って定性分析を実施する。
注目の情報

ページ(1/3)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「定量分析」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio