女神の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>物語事典>女神>女神の1ページ目
「女神」とは
辞書を選択できます:

女神とは?



物語事典
★1.処女神。
剪燈新話巻4「鑑湖夜泛記」 天界織女が、成令言を天の川呼び寄せ告げた(*→〔天の川〕7)。
「わたくしは天帝孫娘生来貞淑女性として1人暮らしおります
それなのに、下界愚民どもは『七夕密会』という話を作り出し、『牽牛の妻だ』などと申して、わたくしの純潔節操はずかしめています」。
そして「他にも天界神々尊厳を傷つける様々なでたらめが、下界流布しています。
どうか、愚民どもの誤り正し下さい」と訴え、『瑞錦』という天界織物を2反、成令言に与え下界へ帰した→〔異郷の時間〕3。
★2.流行の女神。
れいの女星新一ご依頼の件』) 毎年1度50歳ぐらいの上品な女性デパートへやって来ていくつかの商品万引きする。今年スカーフと、6角形グラス取って行った。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/9)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「女神」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio