塩化水素の解説頁です。 Weblio辞書辞典>業界用語>環境用語>塩化水素>塩化水素の1ページ目
「塩化水素」とは
辞書を選択できます:

塩化水素とは?



環境用語
刺激臭有する無色気体によくとけ,にとかしたもの塩酸といいます。ガス状塩化水素は,粘膜刺激し,結膜にも炎症を起こさせます
これは塩化ビニール樹脂燃焼の際に多量発生するもので,大気汚染するだけでなく,焼却炉劣化著しいので大きな問題となっています。
大気汚染防止法有害物質(排出基準700mg/Nm3)及び特定物質(規制値なし,事故時の処置定められている)

(提供元:九州環境管理協会)

ページTOP▲

ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
塩化水素
IUPAC名
塩化水素
別称
塩酸(水溶液)
識別情報
CAS登録番号⇒『7647-01-0
RTECS番号MW4025000
特性
化学式HCl
モル質量36.46 g/mol
外観無色気体または液体
密度1.00045 m g/cm3
融点
−114 °C, 159 K, -173 °F
沸点
−85 °C, 188 K, -121 °F
への溶解度67 g/100 mL (30 ℃)
酸解離定数 pKa−4
危険性
安全データシート(外部リンク)⇒『厚生労働省モデルMSDS
主な危険性 T C
NFPA 704
0
3
1
RフレーズR23, R35
Sフレーズ(S1/2), S9, S26, S36/37/39, S45
関連する物質
その他の陰イオンフッ化水素臭化水素ヨウ化水素
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

楽に探せる!楽ワード

ページ(1/12)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「塩化水素」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio