報恩院 (人物)の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>報恩院 (人物)>報恩院 (人物)の1ページ目

報恩院 (人物)とは?



ウィキペディア
Jump to navigation Jump to search
報恩院(ほうおんいん、天正2年(1574年) - 承応2年7月15日1653年9月6日))は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての女性丹羽長重正室
名は不詳。
生涯

父は織田信長で5女。
生母は不明[1]
天正8年(1580年)、信長の命令で長重との縁組が決められた[1]
長重は織田家の重臣・丹羽長秀の嫡子であり、長秀の正室は信長の庶兄・信広の娘であるため、織田と丹羽は二重の婚姻関係で結ばれた事になる。
天正10年(1582年)6月に本能寺の変が起こって信長が死去したため、7月に羽柴秀吉の介添えを受けて近江安土城から坂本城に移り輿入れした(『丹羽歴代年譜』)[1]
報恩院のその後の経歴は詳しく知られておらず、長重が徳川家康の家臣になると江戸に入り、長重が陸奥白河藩主になっても白河には移らず江戸で過ごした[1]
長重との間に3男1女が生まれ、亀千代と鍋麻呂は早世したが、嫡子の光重は成長して長重が寛永14年(1637年)に死去した後に家督を継いでいる。
娘は酒井忠正に嫁いだ[2]
報恩院は長重没後16年生き、80歳で江戸で没した[2]
法名は報恩院殿月岑宗円大姉。
墓所は東京都港区泉岳寺[2]
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/2)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「報恩院 (人物)」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio