執行の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>名字辞典>執行>執行の1ページ目
「執行」とは
辞書を選択できます:

執行とは?



名字辞典
名字読み方
執行しぎょう
名字辞典では、珍しい名字を中心に扱っているため、一般的な名字の読み方とは異なる場合がございます。

(提供元:名字見聞録)

ページTOP▲

ウィキペディア
行政行為(ぎょうせいこうい)
 行政行為(ぎょうせいこうい)とは、日本の行政法学で用いられる概念であり、行政庁の処分(⇒『行政事件訴訟法3条』2項)とほぼ同義で用いられる行政処分とも呼ばれる。
本項にて説明する。
 行政行為 (Verwaltungsakt) とは、ドイツの行政法学で用いられる概念であり、行政庁が公法の領域における個々の事案を規律するためになし、かつ、直接の法的効果が(行政庁の)外部に向けられる全ての処分、決定その他の高権的措置をいう(連邦行政手続法35条)。
日本の行政法学における行政行為概念の模範となった

目次

 1 概要
 2 定義
 2.1 行政行為でないもの
 3 意義
 4 種類
 4.1 分類
 4.2 附款
 5 効力
 5.1 公定力
 5.1.1 根拠
 5.1.2 機能
 5.2 自力執行力
 5.3 不可争力
 5.4 不可変更力
 5.5 拘束力
 6 瑕疵ある行政行為
 6.1 種類
 6.2 瑕疵の治癒と違法行為の転換
 6.3 違法性の承継
 6.4 行政行為の不存在
 6.5 判例
 7 撤回と職権取消し
 8 裁量行為
 9 用語
 10 脚注
 11 関連項目
 12 外部リンク
概要

行政行為(ぎょうせいこうい)とは、行政庁が、行政目的を実現するために法律によって認められた権能に基づいて、一方的に国民の権利義務その他の法律的地位を具体的に決定する行為[1]
合意に基づくことなく、国民の権利義務に直接的・観念的影響を与える。
自己の名で行政行為を行う行政機関行政庁という。
行政庁は行政行為の法的責任を負う。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/9)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「執行」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio