国際化学物質識別子の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>国際化学物質識別子>国際化学物質識別子の1ページ目

国際化学物質識別子とは?



ウィキペディア
InChI(International Chemical Identifier)は、標準的かつ人間が読める方法で分子情報を提供し、またウェブ上でのデータベースからの情報の検索機能を提供する。
元々、2000年から2005年にIUPACNISTによって開発され、フォーマットとアルゴリズムは非営利であり、開発の継続は、IUPACも参画する非営利団体のInChI Trustにより、2010年までサポートされていた。
現在の1.04版は、2011年9月にリリースされた。
1.04版の前までは、ソフトウェアはオープンソースGNU Lesser General Public Licenseで無償で入手できたが[3]、現在は、IUPAC-InChI Trust Licenseと呼ばれる固有のライセンスとなっている[4]
目次

 1 概要
 2 フォーマットとレイヤー
 3 例
 4 名前
 5 開発の継続
 6 採用
 7 関連項目
 8 出典
 9 外部リンク
 9.1 ドキュメントとプレゼンテーション
 9.2 ソフトウェアとサービス
概要

識別子は、情報のレイヤーとして化学物質を記述する。
レイヤーには、原子とその結合、互変異性情報、同位体情報、立体化学、電荷の情報がある。
しかし全てのレイヤーが提供される訳ではなく、例えば互変異性のレイヤーは省略されることがある。
広く用いられているCAS登録番号とは、以下の点で異なる。
 自由に使え、非営利である。
 構造情報から計算でき、組織による割当が必要ない。
 ほとんどの情報は、人が読むことができる。
そのため、InChIは、IUPAC命名法を一般化、極端な定式化したものと見なすことができる。
単純なSMILES記法よりも多くの情報を表現でき、全ての構造が、データベースの応用に必要な独自のInChI文字列を持つ点が異なっている。
原子の3次元配列の情報はInChIでは表せず、この目的のためにはPDB等のフォーマットが用いられる。
InChIアルゴリズムは、入力された構造情報を、正規化(冗長な情報の除去)、標準化(各原子に固有の番号を生成)、整列化(特徴の文字列を付与)の3段階の過程で固有の識別子に変換する。
hashed InChIとも呼ばれるInChIKeyは、25文字の固定長であるが、デジタル表現なので人間には読むことができない。
注目の情報

ページ(1/8)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「国際化学物質識別子」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio