国立生物工学情報センターの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>国立生物工学情報センター>国立生物工学情報センターの2ページ目

国立生物工学情報センターとは?




NCBIは、BLAST配列アラインメントプログラムの作者の一人でもあるデヴィッド・リップマン(⇒『David Lipman』)によって率いられていた[1][2]
彼はまた、Stephen Altschul (別のBLAST共著者)、David Landsman、Eugene Koonin、John Wilbur、Teresa Przytycka、およびZhiyong Luが率いるグループを含む、学内研究プログラムも率いていた。
リップマンは2017年5月にポストから身を引いた[3]
GenBank

NCBIは1992年以来、GenBank DNA配列データベースを管理運営している[4]
GenBankは、欧州分子生物学研究所 EMBL)や日本DNAデータバンク (DDBJ)のデータベース、そして一部の個々のラボと連携している[4]
1992年以来、NCBIはGenBankに加えて、他のデータベースも提供しており、Gene、⇒『Online Mendelian Inheritance in Man』、分子モデリングデータベース(the Molecular Modeling Database)(3Dタンパク質構造)、dbSNP(一塩基多型のデータベース)、リファレンス配列コレクション(the Reference Sequence Collection)、ヒトゲノムマップ、分類ブラウザー、アメリカ国立癌研究所による癌ゲノム解剖プロジェクト( the Cancer Genome Anatomy Project)、などを提供している。
NCBIでは、生物の各系統に一意の識別子(分類ID番号)を割り当てている[5]
NCBIには、WWWやFTPで使用できるソフトウェアツールがある。
たとえば、配列類似性検索プログラムであるBLASTは、GenBank DNAデータベースに対する配列比較を15秒未満で行うことができる。
NCBI Bookshelf

NCBI Bookshelfは、生物医学の書籍に自由にオンライン上からアクセスとダウンロードができる書籍コレクションである[6]
書籍コレクションには、分子生物学生化学細胞生物学遺伝学微生物学、分子および細胞の視点から見た病状、研究方法、ウイルス学、などの幅広いトピックをカバーしている。
一部の書籍については、以前に発行された書籍のオンライン版を収納しているが、Coffee Breakなどの他の書籍はNCBIスタッフが作成および編集している。
書籍コレクションは、ピアレビューされた出版論文の要旨をコレクションしているEntrez PubMedリポジトリを補完するものであり、進化する研究分野に関する確立された展望と、報告された研究のさまざまな個々の部分を整理できるコンテキストを提供している[⇒『要出典』]
楽に探せる!楽ワード

ページ(2/7)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「国立生物工学情報センター」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「国立生物工学情報センター」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio