回帰分析の解説頁です。 Weblio辞書辞典>ビジネス>人材マネジメント用語>回帰分析>回帰分析の1ページ目
「回帰分析」とは
辞書を選択できます:

回帰分析とは?



人材マネジメント用語
【英】regression analysis
説明変数目的変数の関係を回帰式で表し、目的変数説明変数によってどの程度説明できるかを定量的分析することである。
回帰式は、y=ax+b(x:説明変数、y:目的変数)で表される。
目的変数とは予測要因分析を行う変数のことで、説明変数とは目的変数影響与えると考えられる変数のことである。
回帰式求めるのに変数a、切片bを推定する推定には最小二乗法を用いる。最小二乗法は、観察された各点(x,y)と回帰線上の各点(x,yi)との残差dの平方和最小となる直線求め方法である。
・回帰分析は、予測要因分析等に用いられる。例えば、過去生産量製造費用データから回帰式求め将来生産量対す製造費用予測活用される。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/8)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「回帰分析」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio