命名権の解説頁です。 Weblio辞書辞典>ビジネス>時事用語>命名権>命名権の1ページ目
「命名権」とは
辞書を選択できます:

命名権とは?



時事用語
球技場などの施設に名前をつける権利
サッカー場野球場などのスポーツ施設で、所有者がその施設に名前をつける権利売却し、命名権を買い受けスポンサー企業自社商品などの名前を入れることができる。
アメリカでは、スポーツ施設建設運営に必要な資金調達するため、命名権の売却経営におけるひとつの手法として定着している。一方日本では、「読売ジャイアンツ」のようにオーナー会社の名前が使われることはあっても、他社に使わせることは過去に例を見なかった。
命名権を買い取る企業の側には、施設の名前に自社商品サービスなどを使うことで、知名度アップさせるという広告宣伝役割がある。
東京都調布市にあるJリーグ東京スタジアムは、命名権の売却によって、今年3月から「味の素スタジアム」になったばかり
スタジアム所有する東京スタジアム社は、5年契約で「味の素」社から12億円を受け取ることにした。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/24)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「命名権」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio