名鉄5000系電車_(初代)の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>名鉄5000系電車_(初代)>名鉄5000系電車_(初代)の1ページ目

名鉄5000系電車_(初代)とは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
名鉄5000系電車(めいてつ5000けいでんしゃ)は、名古屋鉄道(名鉄)が1955年(昭和30年)から1986年(昭和61年)まで運用した電車である。
名鉄では初めてカルダン駆動方式を本格採用した車両で[8]、2次に分けて4両編成が5編成、合計20両が製造された。1957年には中間車10両を増備して6両編成で運用された。
その後改良型として増備された5200系とともに4両編成にまとめられ、名古屋本線の優等列車にも使用されたが、非冷房車であったことから1986年に全廃され、一部の機器が5300系に流用された。
本項では、改良型として1957年に登場し、1987年に全廃された5200系および、5200系の車体が使用された豊橋鉄道1900系についても記述する。
また、名鉄の社内では本形式以降の高性能車について「SR車」[注釈 1]と呼称している[10]ことに倣い、本項でもそのように表記し、特定の編成について記す場合は、豊橋向きの先頭車の車両番号をもって編成呼称とする(例:豊橋向き先頭車の車両番号がモ5001の編成であれば「5001編成」)。
注目の情報

ページ(1/39)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「名鉄5000系電車_(初代)」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio