古舘春一の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>古舘春一>古舘春一の1ページ目

古舘春一とは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
古舘 春一(ふるだて はるいち、1983年3月7日 - )は、日本漫画家岩手県軽米町出身[1][2]仙台デザイン専門学校[3]

目次


 1 来歴
 2 人物
 3 作品
 3.1 漫画作品
 3.2 原作担当
 3.3 イラスト
 4 関連人物
 5 脚注
 6 外部リンク
来歴

高校を卒業するまでは岩手県に住み、中学、高校時代にはミドルブロッカーとしてバレーボール部に所属していた[4]
高校卒業後は仙台デザイン専門学校に進学する。
以後8~9年間は宮城県に住んでいた[4]
週刊少年ジャンプ編集部に漫画を持ち込んだのは、初持込みとしては「かなり遅く」25歳の時だった[5]
第14回(2008年8月期)JUMPトレジャー新人漫画賞(審査員:星野桂)にて、『王様キッド』で佳作受賞。
週刊少年ジャンプ』(集英社)公式ウェブサイト上にて作品が掲載される。
その後、『赤マルジャンプ』(集英社)2009 WINTERに掲載された『アソビバ。
』でデビューする。
『週刊少年ジャンプ』2009年28号に、『詭弁学派、四ッ谷先生の怪談』を読切として掲載。
『週刊少年ジャンプ』2010年13号から31号まで、初連載『詭弁学派、四ッ谷先輩の怪談。』を発表し連載デビューを果たす。
なお、JUMPトレジャー新人漫画賞出身の漫画家の中では初の連載獲得者である。
『詭弁学派、四ッ谷先輩の怪談。
』の連載終了後、長年目標であったバレーボールを題材とした漫画の連載を目指す。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/8)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「古舘春一」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio