原核生物の解説頁です。 Weblio辞書辞典>生物>微生物用語>原核生物
「原核生物」とは
辞書を選択できます:

原核生物とは?



微生物用語
生物ともよばれ、真核生物対する用語。ウイルス以外の生物全て細胞性であるが、それらの生物の中で、原始的(領域)をもつ生物群を原核生物という。細菌(マイコプラズマリケッチアクラミジアも含む)と藍藻(藍菌)が原核生物である。
そのおもな特徴は (1)染色体DNAは1ケで、ヒストン(histone)のような塩基性タンパク質が含まれず、核膜包まれていないこと (2)細胞分裂主として二分裂(無糸分裂)であること (3)ミトコンドリアはなく、呼吸系の代謝細胞質膜行われることなどである。

(提供元:微生物管理機構)

ページTOP▲
日本酒用語
DNA核膜包まれていない下等微生物をいう。細菌は原核生物である。

(提供元:日本酒index)

ページTOP▲

ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動

(出典:Wikipedia 2019/06/03 02:31 UTC 版)

ページTOP▲

注目の情報


ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「原核生物」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio