原料用アルコールの解説頁です。 Weblio辞書辞典>食品>日本酒用語>原料用アルコール>原料用アルコールの1ページ目
「原料用アルコール」とは
辞書を選択できます:

原料用アルコールとは?



日本酒用語
酒税法では、スピリッツ類該当する酒類で、酒類製造原料として用いられる。
清酒の製造方法の承認基準一部改正により、昭和62酒造年度から清酒製造の原料用アルコールには、連続的蒸留機により製造されたアルコールのほか、米(米糖を含む)、米麹清酒および清酒粕を原料とした焼酎乙類自製酒か、委託製造および共同製造のものに限る)も含まれる

(提供元:日本酒index)

ページTOP▲
焼酎・泡盛用語
わが国酒税法では、切干甘藷トウモロコシなどを原料として発酵蒸留してつくる製品のうちアルコール度数が四五度超えるものおよび、糖蜜やグルード・ラムなど糖質原料使用した都合ラム区別するため製品アルコール度数95度以上のものをいう
注目の情報

ページ(1/2)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「原料用アルコール」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio