印象派の解説頁です。 Weblio辞書辞典>文化>美術用語>印象派>印象派の1ページ目
「印象派」とは
辞書を選択できます:

印象派とは?



美術用語(⇒『横浜美術学院』)
19世紀半ばフランスで起こった芸術運動対象自然に見え再現重視した伝統的絵画価値観破壊し、対象捉える輪郭線も固有色も否定し、筆触意識的に残し、純粋に絵画独自の問題焦点当て創作した。
やがて、人の精神性表現することが中心命題となった20世紀絵画先駆的役割を果たした。

(提供元:横浜美術学院)

ページTOP▲
美術用語
読み】:インショウシュギ
【英】:IMPRESSIONNISME
別称】:印象派
19世紀後半フランスに起きた最も重要な絵画運動で、その影響は欧米をはじめ日本にまで及ぶ。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/40)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「印象派」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio