十六進法の解説頁です。 Weblio辞書辞典>コンピュータ>IT用語辞典>十六進法>十六進法の1ページ目
「十六進法」とは
辞書を選択できます:

十六進法とは?



IT用語辞典
読み方じゅうろくしんすう
別名:16進法十六進数,十六進法
【英】hexadecimal number, hexadecimal, hex
16進数とは、0から9までの10個の数字と、AからFまでの6個のアルファベットを使って数値表現する方法である。
16進数では、ひとつのにおいて0、1、2、3、4、5、6、7、8、9、A、B、C、D、E、Fと並ぶ16個の数値を扱うことができる。「A」10進数における「10」に相当し、「F」同じく10進数の「15」に相当する。「F」の次は位取りをして1上がり、「10」となる。
日常生活においては、0から9までの10個の数字を使った10進数が主に使われているが、コンピュータでは2進数などと並んで16進数を扱うことも多い。例えASCIIコード日本語の文字コード、色を示すカラーコードなどは16進数を使用している。
たとえば、16進数の3F7Bは、10進数変換すると4096×3+256×15+16×7+1×11=16251になる。また、10進数12345を16進数に変換するには、次のように計算する。
注目の情報

ページ(1/2)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「十六進法」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio