化学反応の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>化学反応>化学反応の1ページ目

化学反応とは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
化学反応(かがくはんのう、英語: chemical reaction)は、化学変化の事、もしくは化学変化が起こる過程の事をいう[1]化学変化とは1つ以上の化学物質が別の1つ以上の化学物質へと変化する事で[1][2]、反応前化学物質を構成する原子同士が結合されたり、逆に結合が切断されたり、あるいは化学物質の分子から電子が放出されたり、逆に電子を取り込んだりする。
広義には溶媒溶質溶ける変化[1]や原子のある同位体が別の同位体に変わる変化[1]液体固体に変わる変化MF2(p386)等も化学変化という。
化学変化の前後では、化学物質の分子を構成する原子の結合が変わって別の分子に変化する事はあるが、原子そのものが別の原子番号の原子に変わる事はない(ただし原子間の電子の授受や同位体の変化はある)。
この点で原子そのものが別の原子に変化する原子核反応とは大きく異なる。
化学反応では反応前の化学物質を反応物(reactant)、反応後の化学物質を生成物(product)といい、その過程は化学反応式で表記される。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/23)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「化学反応」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio